たの詩い交通安全


さて、突然ですが皆様は、交通ルールについて
いかがお考えでしょうか、
私は運転免許をもっておらず、自転車しか
乗っていませんが、特に車を運転されている方、
安全運転で、お願い致します。

もちろん、自転車も、歩行者も、バイクも、
互いに気持ちと時間にゆとりを持って、
安全と、譲り合いの精神で、道路を利用して
ゆきたいと思います、そこで、私が考えた
人生と心の交通安全(道路標識編 )を、
お届けします。

(駐車禁止)
ここでも、どこでも、人の悪口、言うな、聞くな、
本人のいないところで互いの悪口を言い合うなんて・・・

(制限速度)
その年齢に合った楽しみ方を、探して見よう。
若いうちにしか出来ない事、年を重ねてから
やっと気づいて楽しめる物、

年齢を感じさせないことも素晴らしいと思いますが
ある程度、年相応に考えていないと、
手痛い思いをすることも

(追い越し禁止)
出し抜き禁止!? 競争より、共想(きょうそう)しよう。

(転回禁止)
振り返るな! 人は、過去にも、架空にも、生きてはゆけない
楽しかった思い出も、振り返ると辛くなる
苦しかった出来事は、今はもう笑い話、
架空の楽しさや、癒しなどすぐに飽きる、
だから、今を生きて楽しもう。

(指定方向外進行禁止)
行ってイイトコロとワルイトコロがあるの、
見方を変えると正しい道筋は、示されているのだから
危険な脇道に、逸れてはいけない

(踏切あり)
特権階級を優遇させるための待ち時間だったら口惜しいけれど
ゆっくりと歩いて来る、君と並ぶための待ち時間なら
惜しくない、

「電話での対応」

・相手を敬うよう、こちらは低姿勢(停止線)で、

・会話はいつもキャッチボールで、(二方向交通)

・相手が折れないのなら俺の方から折れよう(背向屈折あり)

・しかし調子のいい口車には、絶対に乗らない、
 よく考えて、冷静になって、怪しいと思ったら、
 勇気を出して断ろう。(自転車以外の軽車両通行止め)

プルルルル プルルルル 
あっ、本物の電話が鳴っているから、
このへんで、さようなら。


2016.10.29. No,696 masayuki ohsumi



Copyright © 詩のような日記 All Rights Reserved.